目的にあわせた水素サプリの摂取のしかた

▼ 疾病の治療および予防

▼ アンチエイジング/ダイエット目的

▼ スポーツの疲労軽減

※1カプセルあたり飽和水素水1リットル相当を発生させる水素カプセルで説明します。

疾病の治療および予防

・糖尿病
・高脂血症(脂質代謝異常)
・動脈硬化予防(心臓血管病の予防)
・リウマチ/アレルギー性疾患
・パーキンソン氏病/軽度認知症

→1日2回朝晩1カプセルづつ服用

アンチエイジング/ダイエット目的

・ミトコンドリア機能UPによる代謝の最適化
・脱メタボ
・抗酸化や美白

→1日1回1カプセル、または朝と晩に分けて1カプセルづつ服用

スポーツの疲労軽減

・平素のトレーニング時 = トレーニングによるストレスを最大限に生かす

→トレーニング後、または夜に服用。

・試合の際 = 抗酸化力を持続させる

→朝、夜、試合中(ドリンクに溶解して)に摂取する。

EBM6『水素の取り方』

水素サプリの選びかた

水素がキチンと発生するものを選ぶ。

・水素発生量のデータをメーカーが持っているか?確認しましょう。
・飽和水素水1Lとは、およそ17.6mL(23度Cの場合)の水素ガスが溶解した水を意味します。

有害物質を含んでいないか?

・成分表にアルミニウムの表示はありませんか?
・原材料にアルミニウムなどの有害金属がふくまれていませんか?
・ホウ酸などの毒物を含有していることはありませんか?
 (含有させていながら、表示していない業者も散見します。)

水素サプリは、ガスクロマトグラフィーで水素が発生し、
同時に有害物質が発生しない物を選びましょう。

▼ ガスクロマトグラフィーの測定風景

▼ 100%水素ガスであることをしめしている(水素ガス以外発生していない。)

©2015- 著作:日本機能性医学研究所 斎藤糧三 協力:太田成男